オートリースについて

オートリースとは?
お客さまのご希望される車両をリース会社が購入し、一定期間、月々一定の料金で貸借するシステムです。お客さまでの現金購入やローンと異なり、まとまった資金を準備することなく車両を使用することができます。
オートリースとレンタカーの違いは?
車両を賃借するという意味では同様ですが、オートリースの場合は車種・グレード・装備等をお客さまがご希望し、長期間ご利用いただけます。一方、レンタカーの場合はレンタカー会社の保有車両より選択し短期間利用することとなります。
オートローンとオートリースの違いは?
オートローンは車両購入代金を借入れますが、オートリースは車両自体を賃借します。そのため車両の所有者はオートリース会社となります。
オートリースを利用できる対象者は?
個人・個人事業主・法人、いずれの方もご利用いただけます。
車種は選べますか?
新車・中古車を問わず、国内メーカー・海外メーカーの乗用車から自由にお選びいただけます。また、特殊用途自動車についても取扱をしております。建設用、産業用、農耕用等の特殊車両は取扱対象外となります。
<特殊用途自動車とは>
一般的に「8ナンバー車」とも称され、特殊な用途に応じた設備を有する自動車のことです。
例)冷凍車、トレーラー、ダンプカー、教習車 等
<特殊車両とは>
例)ブルドーザー、大型クレーン車、ホイールローダー 等
オプションやボディカラーも選べますか?
オプションやボディカラーは自由にご選択いただけます。
リース期間の設定方法は?
新車、中古車ともに1年~7年の期間からお客さまのお支払計画に合わせて、ご選択いただけます。
中古車もリースの対象となりますか?
中古車もリースの対象となります。
年式・リース期間によっては残存価格の設定が可能ですので、月々のリース料は新車同様に低減します。また、メンテナンスも付帯することができますので、支払額も平準化します。
残存価格(残価)とは?
リース満了時の車両売却予想価格のことです。残存価格を設定することにより、月額リース料が軽減します。尚、残存価格は予想市場価格に基づきオートリース会社が決定します。
過走行や事故(修理できる範囲)があった場合、満了時にリスクがありますか?価値はどのくらい下がりますか?
満了を迎えた時点でのお車の市場価値、またお買取なのかご返却なのか等により変わります。
過走行などにより、精算が発生する場合がございます。
審査はありますか?
オリコオートリースはオリエントコーポレーションとリース債権の保証契約を締結して事業展開をしております。従って、オリエントコーポレーションの審査・承認を得る必要があります。なお、審査結果によっては、ご希望に添えない場合があることをあらかじめご了承ください。
リース契約にメンテナンスサービスを含まない場合、車検等のメンテナンスはどうなりますか?
リース契約にメンテナンスサービスを含まない場合は、お客さまの費用にて車検等のメンテナンスを実施していただきます。
残りのリース料を全部払えば解約になりますか?
残リース料と中途解約金は異なります。解約されたい場合は中途解約金算出後、中途解約金を一括でお支払いいただく必要がございます。
中途解約金算出の基本の考え方は以下となります。

中途解約金=①(未払リース料)+②(遅延損害金)+③(残期間分リース料)+④(事務手数料)+⑤(残存価格)-⑥(未経過費用)-⑦(車両査定価格)

  1. ①未払リース料とは、お支払日が到来済のリース料のうち未払のリース料およびその他未払費用の合計。
  2. ②遅延損害金とは、未払リース料に対する遅延損害金(年14.6%)の合計。
  3. ③残期間分リース料とは、お支払日が未到来のリース料の合計
  4. ④事務手数料とは、書類発行手数料等の費用。
  5. ⑤残存価格は「残存価格の設定」をご参照ください。
  6. ⑥未経過費用とは、リース契約に含まれる費用のうち、解約日までに発生しなかった費用の合計。
  7. ⑦車両査定価格とはリース車両の査定価格。なお、査定費用が発生した場合は車両査定価格から控除します。
  • ※消費税は、お客さまに別途ご負担いただきます。
  • ※リース車両が事故等により永久抹消となる場合は、「使用済み自動車の再資源化等に関する法律」にもとづくリサイクル料金をお客さまに別途ご負担いただきます。
  • ※その他解約にかかる費用が発生した場合は、お客さまに別途ご負担いただきます。
ナンバープレートはどうなりますか?
ナンバープレートは購入した場合と同様です。レンタカーのように『わ』ナンバーになることはありません。
自動車任意保険はどうしたらいいですか?
自動車任意保険は、お客さまがリース契約に含めることを選択した場合を除き、リース契約に含まれておりません。リース契約に自動車任意保険を含めない場合は、お客さまの責任において必ず自動車任意保険に加入してください。