個人オートリースNo.1のプライドに賭けて

皆様には平素よりご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

この度、オリコオートリースの社長に就任いたしました松浦でございます。

当社は自動車マーケットにて多様化するお客様のニーズに幅広く対応することを目的に、「東京センチュリー」と「オリエントコーボレーション」の共同出資により設立され、2018年3月に設立10周年を迎えました。

この間、当社では個人のお客様を中心に経済性と利便性を訴求しながら、ご満足いただける様々な商品をご提供して参りました。結果として当社は、個人向けオートリースの黎明期から市場を大きく成長させ、「個人オートリース市場の雄」として確固たる地位を築きあげたものと自負しております。

2019年4月からは3ヵ年の新中期経営計画「Profit35Stock20『個人オー卜リースNo.1のプライドに賭けて』」がスタートしました。個人のお客様のオートリ一スの需要が高まるなかで、引き続き当社はお客様のニーズや社会の要請にお応えすることにより、拡大する個人オートリース市場の牽引役として市場の健全な育成に尽力してまいります。

今後とも、より一層のご支援とご協力を賜りますようお願い申し上げます。

2019年6月19日

代表取締役社長
松浦 達博